冊子印刷・カタログ印刷 | zassiprint
logo
 
ホーム 印刷サービス 利用ガイド テクニカルガイド FAQ 個別相談 会社概要

support@zassiprint.jp

Tel : 82-70-7122-7634

Line ID : zassiprint





ホーム | 最新情報 
zassiprintへのご質問・ご要望等がございましたら、下記フォームにご記入の上、「書き込み」ボタンをクリックしてください。
内容によりましては、ご回答までお時間をいただく場合もございますので予めご了承ください。
個別相談は、個別相談のページからお願いいたします。

  最新情報

題目
 印刷産業と全産業との経済的波及効果を考える印刷白書
投稿者
 zassiprint
投稿日
 2015-07-15 09:20:37
照会数
 6342
内容

印刷白書と産業連関表


産業連表によって印刷産業と全産業の取引係を見ることができ、新規需要の生による経済への波及果を計算することができる。

6年ぶりに公表された産業連表(基本表)

「平成23年(2011年)産業連表(確報)」が2015616日に公表された。2009324日の「平成17年(2005年)産業連表(確報)」以6年ぶりの産業連表確報の公表である。
産業連表は、な産業が1年間に生産した財ビスのすべての取引を一表にまとめたもので、10府省務省、閣府、金融、財務省、文部科省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、土交通省、環境省)が共同で5年ごとに作成している。原則として西末尾05象年としているが、今回が原則と異なるのは、重要な基礎資料となる「経済センサス-活動調査」が2011年を象に施されたことによる。
経済産業省は、この政府全体で作成する産業連表(基本表)の作成にも携わっているが、それとは別に5年間隔の隙間を埋めるために、年この基本表から各年の産業連表を延長推計した(簡易)延長産業連表を作成している。延長表には簡易版と精緻版があって、2005年基本表を延長した「平成24年簡易延長産業連表」が最新のものだが、その精緻版は2011年基本表を用いて推計作業をやり直して、「平成24年延長産業連表(平成23年基準)」として20163月下旬に公表予定である。

「日本標準産業分類」の改定

産業別の統計の分類基準となる「日本標準産業分類」は、統計の相互比較性と利用の向上を目的に194910月に設定され、201310月の第13回改定が最新版となっている。各改定ごとに、産業連表だけでなく、工業統計調査、労働力調査などの産業分類も改定される。長期時系列デタの接が困難になる場合もあるが、産業構造の化に適合するために改定は避けられない。
印刷産業にとって大きな化は第11回改定(20023月)で、中分類「出版印刷連産業」部門が「印刷連業」に更されたことで、新聞業と出版業は製造業の分野から情報通信業に移行した。
最新の第13回改定では、分類項目の新設(市場調査世論調査調査業、リラクゼション業、ネイルサビス業、幼保連携型認定こども園、コルセンタ業)の他、分類項目の移動、分類項目名の更が行われている。
産業連表では、今回の2011年基本表は第12回改定に対応している。前回の2005年基本表は第11回改定に対応し、中分類小分類で「印刷製版製本」単独字が把握できるようになった。

産業連表から印刷需要をどう見るか

印刷白書では2010年版から産業連表による印刷需要の分析を行ってきた。2010年時点では2000年基本表を延長した2008年簡易延長表が最新のもので、印刷産業は「出版印刷」部門に統合分類されていた。そこで、基本分類表の国内生産額の比率を基に分割して「印刷製版製本」単独値を算出作成した。
印刷白書2011年版からは、2005年基本表とその延長表による分析が可能になり、「印刷製版製本」単独字が把握できるようになった。1年ずつ追加されたデタを基に推移を見て、2014年版では2005年基本表と、その延長版の20082012年を比較している。
『印刷白書2015』は現在執筆準備を進めているところだが、2011年基本表の延長版は20163月下旬まで公表されないことから、前年版より1った2011年基本表と2005年基本表との比較となる。
年少しでもわかりやすく、役立つようにと努めているが、新しい基本表が公表されたことを機にどう取り組むか一から考えていきたい。2011年基本表との比較では、2005年基本表を新しい分類で組み替えて、より整合性のある分析を行うために基礎資料をまとめている。字をきちんと把握することで印刷需要や産業全体とのわりをわかりやすく提示したい。

『印刷白書20159月末~10月上旬に行する予定である。現在の形になって6回目の刊行で、どこまで新機軸を出せるか、ご期待いただきたい。

JAGAT CS部 吉村マチ子)

ソース:JAGAT



  前の記事 品質管理と現場改善への取り組み  
  次の記事 Zassiprint-夏休みのお知らせ  

SSL Certificate